暑い季節、火を使わずに美味しい料理をつくるコツを知りたい

料理する時に気を付けたいのは、なるべくきちんと量をはかるということです。

料理の時はきちんと量った方がいい

暑い季節、火を使わずに美味しい料理をつくるコツを知りたい 料理する時に気を付けたいのは、なるべくきちんと量をはかるということです。家にいる時のお母さんや料理人など、目分量で入れているのをよく見かけます。醤油などは大きな容器から直接だし、スプーンで調味料をいれるときも適当です。これは慣れているから「大体こんな感じ」で上手く出来るし、味見をして調節することができます。しかし本当は毎回きちんと量ったほうがいいと思うのです。

目分量の良い所は手間がかからない所です。スプーンやカップなど洗い物が増えないし、手慣れた人にはいいでしょう。しかし初心者や不器用な人、味見が苦手な人は絶対真似しない方がいいです。手間を省くことよりも、失敗しないことの方が重要です。また目分量の困ったところは、娘や弟子の立場です。「大体こんな感じ」と言われても、よく分かりません。具体的に「大さじ2」などと言ってもらったほうが理解できます。また意外にも、お母さんでも目分量に失敗することもあります。「大体」がその時によって違うので、すごくおいしい時とまあまあ時など味が安定しません。適当なので、どのくらいの量がベストなのか本人もよく分からない様です。毎回メモして分量を把握しておけば、毎回最高の味にできるのにともどかしく思います。

Copyright (C)2017暑い季節、火を使わずに美味しい料理をつくるコツを知りたい.All rights reserved.